「ダークギャザリング」が打ち切り?ジャンプSQで近藤憲一が休載した理由とは

漫画・小説

2019年に連載が開始された『ダークギャザリング』

漫画家の近藤憲一先生は、ジャンプSQ2019年4月号から『ダークギャザリング』の連載を始めました。2022年6月の時点で連載は続いていて、単行本は9巻まで発売されています。

『ダークギャザリング』は霊媒をテーマにしたファンタジー漫画で、幻燈河螢多朗という主人公の活躍を描いています。大学生の螢多朗は生まれつき霊を引き寄せてしまう能力を持っていて、物語の中で螢多朗は悪霊を捕縛するために、この能力を役立てます。悪霊を実際に捕まえるのは寶月夜宵という小学生の少女で、二人が出会うきっかけになったのは、螢多朗が夜宵の家庭教師になったからです。

休載が発表された『ダークギャザリング』

2019年4月の連載開始以来、順調に『ダークギャザリング』の執筆を続けてきた近藤憲一先生でしたが、ある日突然この作品の休載が発表されました。休載が発表されたのはTwitterの書き込みです。ジャンプSQの公式アカウントから『ダークギャザリング』の休載が発表され、作者の近藤先生のアカウントでも休載が発表されています。

Twitterで休載が発表されたのは2021年5月31日のことで、2021年6月4日に発売するジャンプSQ2001年7月号に掲載する予定だった『ダークギャザリング』の第28話が休載されることになりました。この情報がTwitter上に掲載された時のファンの反応は非常に大きく、激励や心配をするファンの声が作者の近藤先生のアカウントにも多く届けられました。

タイトルとURLをコピーしました